卒業生紹介

ル・トーアの卒業生は、「対応力が高く頑張り屋さん」と評判。

日本全国はもとより、海外でも広く活躍しています。息の長い美容師人生を送ってもらうことこそが、ル・トーアの目標です。

先に就職していたOBからアドバイスを受けて、SHIMAに入社。アシスタント時代は、日本を代表するトップトレンドサロンで戦うため「海外スタイル」という確固たる価値観をもって貪欲にチャンスをつかみ、サロン最速デビュー(当時)を果たしました。今は1年目のアシスタントを教える責任者として、若手を指導する立場です。ル・トーアでは練習して成果を出すことの楽しさを学び、その経験が今に活きています。特にトータルビューティーの視点でお客様を見られることは、新人の頃に同期との違いを感じました。ヘアを通してお客様と時間を共有し、自分自身を成長させてくれる職業は、美容師以外にありません。「海外スタイルといえばAYATO」との認識が業界で広まり、有名モデルさんからも支持をいただいています。サロンワークをベースにもっと活躍していきたいです。


入学後すぐのコンテストで、生まれて初めて賞状を頂いたんです。もっとその喜びを味わいたくて、ほぼ全てのコンテストに参加しました。器用ではありませんが、藤井理事長の「誰かができることは自分もできる」という言葉を胸に、練習三昧の学生生活でした。

東京はチャンスの数が違います。大好きなヘアカタログにご指名いただき、憧れとスタイリストさんと自分のスタイリングが並んで掲載されたこともあります。もっとメイクをやりたいし、そのご指名もいただけるようこれからも努力していきます。


スタッフが約200名と大型サロンであるMASHUを就職先に選んだのは、入社後のカリキュラムがしっかりしていることと幅広い美容の知識を吸収できると思ったからです。新人時代にすごく役立ったのは、ル・トーアでのサロン実習でした。当たり前のことですが、サロンでの一連の流れを学生時代に体験したことで現場でもすぐに反応できました。楽しむ時、締めるべき時をしっかりと区別できるのは、ル・トーアの教えがあるからだと実感しています。目の前のお客様がどんどん美しくなって笑顔になることは、他に代え難い喜びです。


在学中から美容も遊びも「思いっきり」がモットー。WiLLはル・トーアフェスティバルのステージを見て「キラキラしている!」と就職を決め、今は私が会社の代表としてステージのヘアを担当するご縁をいただいています。誰でもチャレンジが可能な会社だから頑張れて、アシスタント指名とヘッドスパ指名の全店年間1位を達成しました。お客様のご指名はやる気の源。一瞬一瞬を大切に全力で向かうことが、結果につながると実感しています。


美容師は本当にいい仕事なのに、将来に不安を感じて辞める人が多い。OROではスタイリストが一定の目標値以上に指名されるようになる教育カリキュラムを独自に構築して、全員達成しています。もちろん、頑張った分は本人に還元。これが業界に注目されて、他のサロン講師もしています。さらに全国に広がり、美容師の生涯雇用を目指す「OROブランド」が根づけばうれしいですね。OROの代表もル・トーア出身で、尊敬する先輩です。今後も共に、美容師の10年後、20年後を見据えて走り続けます。

※AD…アートディレクター